化粧下地によって仕上がりが違ってきます

化粧下地によって仕上がりが違ってきます

メイクをするときには、ベースメイクで化粧下地を使うことになります。

 

化粧下地はいろいろなものがあって、肌色を補正する効果があるものや、日焼け止め効果があるもの、その両方があるものなどがあります。

 

 

アテニアのスキンリタッチャーという化粧下地は、まるで写真撮影のときにレフ板を使ったかのように小じわなどを目立たなくする効果があって、その次に使うファンデーションのノリを良くする働きがあります。

 

春夏用と秋冬用があって、秋冬用は乾燥する冬の気候に合うようにしっとりとした感じのテクスチャーになっています。

 

 

他にも花王ソフィーナボーテの日中用乳液は日焼け止め効果が高く、化粧下地として使えるようになっていて、それ一つで済むのでとても便利です。

 

保湿効果の高い化粧下地選んでいます

化粧下地は色々なものがありますよね。

 

日焼け止めの効果が期待できるもの、シミやそばかすなどをカバーできるもの、オイルフリーのものなど・・。

 

私は乾燥肌なので保湿効果の高い化粧下地を選ぶようにしています。

 

 

 

私が使用している化粧下地には、セラミドなどの保湿成分がしっかりと入っています。

 

この化粧下地のおかげで素肌美人だと周りには思われています。

 

でも実はメイクを落とした時は肌がカサカサして素肌美人とは言えません。

 

 

 

化粧下地を使わずにファンデーションを塗っていた時期もあったのですが、ファンデーションが肌の奥深くまでしみ込みしっかりとメイクを落とすことができず、肌が荒れるようになりました。

 

それ以来化粧下地が手放せなくなっています!

 

毛穴カバーにおすすめの化粧下地は?
30代におすすめの化粧下地ランキングを紹介
毛穴カバーにおすすめの化粧下地は?